育毛シャンプーの選び方や正しいシャンプーの仕方

育毛シャンプーは育毛剤ではありません。頭皮の環境を整えて、髪の生える頭皮環境を作り出すことです。育毛剤を使用する人は、育毛剤の栄養成分が浸透し、最大限に効果が発揮できるようにするのが役割です。育毛シャンプーには市販で多く販売されている合成界面活性剤の洗浄成分はほとんど入っていません。合成活性剤は刺激が強すぎ、皮脂を必要以上に取り除いてしまい、乾燥肌の原因になります。乾燥肌の人やアトピー性皮膚炎の人が使うと、かゆみやフケ、抜け毛を増やす場合があります。
AGAや遺伝で薄毛になっている人はシャンプーだけでは効果が期待できません。男性ホルモンや遺伝が原因となっていますので、内面からのケアが必要になります。そのタイプの遺伝の人は、食生活の乱れを整えたり、人間関係のストレスを取り除いたりすることも重要です。

アミノ酸系シャンプーが刺激がすくなく保湿効果もありおすすめ

育毛シャンプーを選ぶ時に重要なのが、自分の頭皮に合っているかどうかです。脂性肌の人が乾燥肌向きのシャンプーを使っても効果はあまり期待できません。どんなに口コミ評価の高いシャンプーでも自分の頭皮に合っていなければ、効果は期待できなので、使ってみて、炎症がでたり、フケが増えたりしたら、思い切ってそのシャンプーの使用は中止して他のシャンプーに切り替えた方がいいでしょう。また、価格もリーズナブルでなければ続けにくいので、コストパフォーマンスも重視して選びたいところです。アミノ酸系のシャンプーは少し値がはるものが多いです。人の髪の毛はアミノ酸が原料となっているのでアミノ酸系のシャンプーは髪へのなじみもよく、敏感肌の人でも安心して使うことができます。石鹸シャンプーはアミノ酸系のシャンプーよりは価格が安めなので、長く続けるにはおすすめです。ただ、石鹸シャンプーは使用後にきしむという人もいるので、自分に合うかどうか、まずは小さいサイズのシャンプーで使用感を確認した方がいいでしょう。

シャンプーする時の注意すべきポイント

シャンプーを使わなくてもお湯だけで髪の毛や頭皮の汚れ、脂のほとんどが取り除けると言われています。そのため、まずはお湯でシャンプー前に濡らしておくことが大切です。お湯でよく濡らしてからシャンプーをすると、泡立ちがよく、シャンプーも少量で済み、コストパフォーマンスが高くなります。
シャンプーしながら、指の腹でよくマッサージをすると、血流も良くなって、頭皮環境が整います。またシャンプー後のすすぎもとても重要で、すすぎを十分にすることで、頭皮の痒みや炎症を引き起こしにくくなります。
シャンプーを選ぶ時には、自分の頭皮や体質に合ったものやコストパフォーマンスを考えながら選ぶのが重要であり、使う時には、すすぎをしっかりと行うことも、気をつけたいポイントになります。